機密文書の処理

プログラミング

機密文書の定義と処理方法

機密文書とは、企業や地方公共団体などにとって、秘密保持が必要となる文章のことを言う。 つまり自らの秘密事項、取引相手の秘密事項、そして個人情報を含んだ情報などが記載された文書のことである。 これらを処理する場合、一般的には手動・電動などのシュレッダーを使うことが多いが、大きな企業や団体などでは、その量も膨大となる。 シュレッダーのライフサイクルや値段を考慮すると必ずしも自前で処理することが安上がりとは言えない。 機密文書を安く、安全に、そして確実に処理してくれる信頼出来る業者も多数あるのである。 その処理の方法は、紙片の細かい破砕(シュレッダー)処理や溶解処理などであり、自ら処理する場合と比べて信頼性が高く、情報漏洩なども心配も無用である。

業者サービスの実際の姿

東京や大阪などの大都市であれば、業者にもよるが、出張引き取りが無料の所もある。つまり費用一箱数百円程度を払えば機密文書処理してくれるというもの。 また宅配業者が自前の運送ネットワークを活用して処理を請け負うというサービスもある。 これらサービスに共通して言えることは、機密文書の物理的移動が伴うということである。つまり輸送途上の事故などにより、機密文書が散乱してしまうなど僅かながらのリスクがある。 業者によっては、情報漏洩発生時のリスクヘッジ手段として、損害賠償保険を掛けているところもあり、それを一つのセールスポイントとしている。 機密文書を預ける顧客としては、万が一の際にもしっかりと責任取れる体制の取引相手である方が望ましいに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加