社外秘の資料

グラフと世界地図

処理依頼する際にやりたい工夫とは

機密文書の処理というのは、大変気を使う業務の1つです。 機密文書は社外に出てしまっては困る類のものですので、その処理には非常に神経を使うのが一般的なのです。 そこで機密文書の処理を専門に取り扱っている業者に、処理を依頼するという方法をとっている会社も少なくありません。 そうした専門業者というのはダンボール箱1箱に対していくらといった具合に、箱単位で料金を設定しているところが多いのです。 そのため乱雑に入れるよりも、整頓して機密文書を入れていった方が量が沢山入るためお得となります。 また、シュレッダーにかけてから箱詰めすると更に量を入れることが出来て、少ない料金で大量の機密文書の処理を行うことが出来ることとなります。

現在、どんな取り組みをしているのか

機密文書の処理と一言に言っても、請負業者によってそれぞれ特徴があるのが一般的です。 とにかく高温で完全に焼いてしまうといった方法を取るところもあれば、特殊な溶液に漬けて溶かしてしまう方法を取っているところもあります。 このように各業者によって手法に違いはありますが、「完全に書類の内容をわからなくする」といったことに重点を置いているのは共通事項となっているのです。 そんな中、近年ではそうした作業場を会社の敷地内に設置する方向に動き始めているところが多いのです。 というのも、処理の専門業者とはいえ敷地内に焼却炉を設置しているところは少ないのです。 そのため完全に処理が終わるまでに、一度敷地外に書類が出るといったこともあるわけです。 そうしたことを無くし、更に機密性を保つための取り組みが行われているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加