企業の評価に繋がる

ロックしたエンターキー

ISO14001を取得することで得るメリット

ISO14001は、国際標準化機構という国際規格を取り決める組織の通称をISOといいますがその組織が発行する環境マネジメントシステムの国際規格群の総称を指しています。言い換えてしまえば個人が得ることができる様々な資格の会社版ともいえるのがISO14001といえます。環境マネジメントシステムの具体的な内容は企業及び団体が環境に対してどのように目的及び目標を設定してその目的及び目標に対しどう取り組んで達成していくかのプロセスや体制のことを指しています。 ISO14001を企業などの組織が設定した様々な方法や工夫により得ることで、企業や団体が国際的に環境面において負担を出さないように様々な取り組みをしていることが認められることになり、結果的に企業及び団体のステータスとなります。

現在の国内における組織の取り組み方

ISO14001は1996年に発行が開始されました。ISOでは結果ではなくそれに向けたプロセスがきちんと機能しているかということを非常に重視している傾向があります。環境に対する具体的な計画や体制、取り組み方の策定から実際の運用に至るまでの一連の流れを見ていくことで、最初から環境に何らかのマイナスとなる要因をつくらせないための仕組みを作り出すことを目的としています。また、こうした環境にやさしい仕組みを作ることでコストの面でも削減効果が期待される面もあります。無駄を排し、業務の効率化及び合理化を推し進めるためにもISO14001の取得は必要不可欠といえます。 日本国内においては多くの企業がISO14001を取得しており他の諸外国よりも取得している企業の数は多めのデータがあります。ISO14001を取得する数は今後も増え続けていくことが見込まれます。 日本の企業や団体は環境に対する意識については諸外国と比べて進んでいることの証明にもなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加